青梅七福神巡りコース

ホーム > サイクルマップ > 青梅七福神巡りコース

トレックリング奥多摩店

トレックリング奥多摩店

奥多摩駅下車徒歩1分。
トレックリング奥多摩店からスタートします。
途中にも絶景スポットなどありますから、寄り道しながら行きましょう。

明白院(福禄寿:福徳・長寿の神様)

明白院(福禄寿:福徳・長寿の神様) 山門は安土桃山時代の形式をとり、市の重文に指定され、その隣には市の古木と指定されている「しだ れ梅」(俗称玉垣しだれ)があります。
山門を入って左手に米俵をかついだ狸の石像があります。その昔、庫裡の天井裏で狸の屍が見つけられた際、その周囲にはたくさんのお米と小さな福禄寿の御像 が三躰あったので、当時の和尚さんが鄭重にこの三躰(現在は一躰のみ)を祀り米俵をかついだ狸の石像を建立し供養されたといいます。 (青梅市観光協会より)

このページのトップへ移動

地蔵院(布袋尊:開運・良縁・子宝の神様)

地蔵院(布袋尊:開運・良縁・子宝の神様)

地蔵菩薩を本尊とする文明年間貴案秀一禅師の開山で宝珠山と号します。足利義照公が、本尊の地蔵菩薩を信仰され供養料として高五石を寄附しました。その後 徳川家光公が、由緒を正され家茂公まで九代の間、高五石と山林不入の判物を寄与されました。安永年間に本堂を再建しますが、上棟の日に五羽の鶴がやって来 て天空に舞ったという事から五鶴堂と呼ばれます。境内に樹令三百年といわれる市天然記念物の宝珠梅(元臥龍梅と伝わる)があります。本尊脇に古くから布袋 尊が安置されていましたが、現在は布袋堂に移されています。(青梅市観光協会より)

玉泉寺(弁財天:学問・財福の神様)

玉泉寺(弁財天:学問・財福の神様)

金剛山と号し、本尊は十一面観音、文保年間の創建で開基は鎌倉九代将軍守邦親王で開山は国一禅師大古世源和尚です。古くより仏光派の本寺として栄えて来ま したが、幾度かの罹災により現在に至っています。当時は多摩川の南岸にあり、本堂の東南の弁天池小島に弁財天を祀ったのが寺の始まりと思われます。弁財天 は水と音楽を司ります。この尊を拝むときは「財宝弁通して絶ゆることなく、家内和合して音楽を奏でるが如し」といいます。なお、当寺には北条文書等の文化 財を保存し、また白狐宝珠稲荷が祭られています。(青梅市観光協会より)

このページのトップへ移動

清宝院(恵比寿:商売繁盛の神)

清宝院(恵比寿:商売繁盛の神)

当院は古くは青柳山清宝院と号し、創立は定かではありません。古来より甲州裏街道の古道のかたわらに在ったといわれます。 元禄年間に権大僧都教宝印が復興し中興の祖となりました。幾度かの火災に遭い、現在の本尊は文政年間に成田山新勝寺の本尊を四尺くらいに分け、馬の背に乗せて運び安置したものです。 釜の淵公園を眼下に臨み、古くより大柳不動尊として知られています。安置されている恵比寿尊は深川木場関係者に昔から信仰されていたもので当院に古くより伝わるものです。 (青梅市観光協会より)

聞修院(寿老人:長寿と幸福の神様)

聞修院(寿老人:長寿と幸福の神様)天文年間の創立で黒沢村の住人、黒沢蔵之助の開基。 開山は天寧寺三世霊隠宗源和尚で、聞思意修より三摩地に入るという宗門先哲の格言より聞修院と称しました。本尊は三尊阿弥陀如来で定朝の作といわれます。 天保十一年六月回禄の災に遭遇し伽藍その他大半を焼失、明治年間に現在の伽藍を再建しました。慶安二年八月、徳川家光公より阿弥陀堂領として高十石の朱印状を下附されました。 寿老人像は本尊脇に古くより奉安され、代々の住職が黒沢村の住人の長寿を祈願したといわれます。 (青梅市観光協会より)

このページのトップへ移動

延命寺(大黒天:豊作の神様)

延命寺(大黒天:豊作の神様)

季龍元筍禅師を開山とする応安二年の創建で釈迦如来を本尊としています。いまだ火災にあうことがなく創建当時の棟札を始め六百年の歴史が克明に伝えられています。
奉安する大黒天は古くより庫裡の守護神として祀られて来たもので別に招福大黒(印度の形態で描かれた像)が秘仏として伝えられています。境内に呑龍上人を 祀る堂があり(太田の呑龍上人の御分身奉安所)安産子育ての「呑龍さま」として親しまれ毎月八日(大祭四月)の縁日には近郷近在の参詣人で賑わっていま す。又、青梅天神社及び日本で唯一と云われる乾ダツ婆の石仏があり、現在青梅の鎮守住吉明神を寺門の鎮守として開山禅師が摂津の住吉社より勧請した事から 住吉山と号します。(青梅市観光協会より)

宗建寺(羅紗門天:勝負事の神様)

宗建寺(羅紗門天:勝負事の神様)

開基は不詳ですが、開山は一翁蓮和尚で(宝徳二年歿)浄土宗の寺として創建され二世より改宗して臨済宗となりました。昆沙門天を本尊とし、別に弘法大師御 作という在銘の昆沙門天が安置されています。古き青梅の学者、根岸典則及び中里介山著「大菩薩峠」で義賊として有名な裏宿七兵衛の墓があります。境内弁天 池の南にある青面金剛の庚申塔は全国に類例を見ないめずらしいものといわれています。(青梅市観光協会より)

青梅返却店

青柳自転車店

トレックリング返却協力店のひとつ、青梅駅から徒歩3分の場所にある「青柳自転車店」さん。
お店からすぐの場所に「昭和レトロ商品博物館」「青梅赤塚不二夫会館」があります。

関連リンク
青梅市観光協会 青梅の観光情報やイベント、宿泊施設など青梅に行く際はまずここをチェック
青柳自転車店 青梅駅返却店の青柳自転車さんのサイトです
自転車コーキ屋 河辺駅返却店の自転車コーキ屋さんのサイトです
河辺温泉梅の湯 駅前のビルにある天然温泉源泉掛け流しの癒しスポットです
かんぽの宿青梅 料理と展望大浴場が自慢のかんぽの屋青梅。宿泊者にはフィッネスルームも完備
ページトップへ戻る